Blog&column
ブログ・コラム

業務委託と雇用契約の違いについて解説

query_builder 2021/12/01
コラム
17
最近では、あらゆる働き方があり業務委託を結ぶ方、雇用形態を結ぶ方、人それぞれです。
では、業務委託と雇用契約の違いをご存知でしょうか?
今回は、業務委託と雇用契約の違いについて解説するのでぜひ参考にしてください。

業務委託について
業務委託は、会社でカバーできない業務をフリーランスなどの個人や外部にお願いする契約のことをいいます。
業務委託には、請負契約と委任契約があります。

請負契約は、仕事の完成や成果を納めることを目的にした契約です。
そのため、成果物が納品できなかったり、要望したものと異なっていたら、報酬が得られない場合があります。
そして委任契約は、成果を納品するのではなく事務処理を目的とした契約です。
よって、要望通りではない結果になっても報酬は支払われます。

業務委託と雇用契約の違い
業務委託と雇用契約は、使用従属性があるかないかで異なります。
使用従属性があると雇用契約、ないと業務委託と判断されます。
雇用契約は、労働者となるため基本的に雇用主の指示や命令に従わなければなりません。
給与は時間基準で発生します。

対して業務委託は、特定の仕事をおこなう契約になるので労働者にはなりません。
よって、労働基準法などの保護を受けることは不可能です。

▼まとめ
今回は、業務委託と雇用契約の違いについて解説しました。
業務委託と雇用契約には、違いがあるので契約を結ぶ際は相違がないかを確認しましょう。
また、業務委託と雇用契約は同時に結ぶことも可能です。
同時に結べば、より収入を得られるようになります。

NEW

  • 2022年☆新年明けましておめでとうございます☆

    query_builder 2022/01/07
  • 残り20日間無事故・無違反でしっかりやり抜く。

    query_builder 2021/12/10
  • S&S全体ミーティング

    query_builder 2021/11/07
  • 東京への出張で市況を確認

    query_builder 2021/10/27

CATEGORY

ARCHIVE