Blog&column
ブログ・コラム

軽貨物車両(4ナンバー)の税金について

query_builder 2022/05/15
コラム
36
軽貨物運送事業の開業を目指しているドライバーなら、車にかかる税金についても把握しておきたいですよね。
今回は、4ナンバーである軽貨物自動車の税金の仕組みについてお伝えしていきますので、事業コストの計算をする際などに役立ててください。

▼軽貨物車両の税金について
車のナンバーには、0~9番までの分類番号があり、軽貨物車両はその中の4ナンバーにあたります。
軽自動車の自動車税は一律10,800円ですが、貨物用として4ナンバーになると、自動車税は半額よりも安い「5000円」になります。

■4ナンバーで登録するための条件
4ナンバーにする最大のメリットは、車の自動車税が安くなることです
しかし、以下の5項目全ての条件を満たしていなければ、4ナンバーの取得はできません。

①全長4,700mm(4.7m)以下であること
②全幅1,700mm(1.7m)以下であること
③全高2,000mm(2.0m)以下であること
④ディーゼルエンジン以外は排気量が2,000cc以下であること
⑤後部座席よりも荷室寸法の方が大きいなど、貨物車として使用することを前提に作られていること

■4ナンバーは軽自動車だけではない
以前までは、4ナンバーといえば軽自動車ばかりでしたが、軽自動車以外の普通自動車でも条件を満たしていれば、4ナンバーを取得できます。

【普通自動車の自動車税について】
3ナンバー、5ナンバーの普通乗用車の自動車税は、総排気量によって決まります。
(※排気量1L以下であれば、自動車税は29,500円)
しかし、4ナンバーの普通自動車で積載量が1t以下なら、自動車税は8,000円になります。

▼まとめ
車両の長さ4.7m・幅1.7m・高さ2.0mで、排気量2,000cc以下の軽貨物車であれば、4ナンバーが取得でき、年間にかかる自動車税を半額以下にできます。
また、普通自動車の4ナンバーの場合は、積載量によって金額が変わるという事を覚えておきましょう。
弊社では、市街地で小回りの利く軽貨物配送ドライバー募集しています。
運転をするのが好きな方や、お客様に笑顔で荷物を届けてくれる、明るくやる気のある方からのご応募をお待ちしております。

NEW

  • 2022年☆新年明けましておめでとうございます☆

    query_builder 2022/01/07
  • 残り20日間無事故・無違反でしっかりやり抜く。

    query_builder 2021/12/10
  • S&S全体ミーティング

    query_builder 2021/11/07
  • 東京への出張で市況を確認

    query_builder 2021/10/27

CATEGORY

ARCHIVE