Blog&column
ブログ・コラム

軽貨物車両の日常点検すべき項目

query_builder 2022/07/01
コラム
39
軽貨物の運送業をするには普通運転免許さえあれば、誰でも業務を行うことができます。
しかし、運転をするという事はそれなりに車の知識が必要です。
今回は、軽貨物車の日常的に点検すべき箇所についてお話しします。

▼ブレーキ
安全性を考え、一番に点検すべきはブレーキです。
ブレーキもブレーキペダル、駐車ブレーキの2点を点検しておきましょう。

■ブレーキペダル
エンジンをかけてブレーキペダルを踏み、違和感がないかをチェックします。

■駐車ブレーキ
駐車ブレーキとはサイドブレーキと呼ばれる、車を駐車したときにするブレーキです。
こちらもしっかりと効いているの確認が必要です。

▼エンジン
車の心臓部分であるエンジンも当然チェックします。
エンジンのかかりや、異音がないか、スムーズに回転するかなどを確認します。

▼タイヤ
タイヤもこまめに点検しなければ事故の元です。
タイヤは空気圧、亀裂や損傷、溝の確認をチェックします。

■空気圧
タイヤの空気圧が不足すると走行が不安定になります。
目で見て、タイヤのたわみ具合を確認します。

■亀裂や損傷
タイヤに亀裂や損傷があっては安全に運転することはできません。
タイヤの状態は気づかないうちに変化している場合があるため、入念にチェックします。

■溝の確認
タイヤの溝が1.6mm以下になると、スリップサインが見られます。
スリップサインが見られたら、雨の日に運転するのは非常に危険といえます。
必ずスリップサインを確認します。

▼その他の確認事項
上記以外にも確認する事があります。
ワイパーのふき取りができているのかの確認や、ウォッシャーの噴射がしっかりできているかどうか。
そして、各ランプの点灯の確認もします。
ボンネットを開け、ブレーキ液の量や冷却水の量、エンジンオイルの量や汚れ、バッテリ液の量、ウィンド、ウォッシャ液の量なども確認しましょう。

▼まとめ
今回ご紹介した点検項目は、国土交通省が推奨する15の点検項目です。
運転を仕事とする場合、最低限車の知識として点検箇所を把握しておきましょう。
日常的に安全運転をするためは、日常的に点検をするということがとても大事といえます。

NEW

  • 2022年☆新年明けましておめでとうございます☆

    query_builder 2022/01/07
  • 残り20日間無事故・無違反でしっかりやり抜く。

    query_builder 2021/12/10
  • S&S全体ミーティング

    query_builder 2021/11/07
  • 東京への出張で市況を確認

    query_builder 2021/10/27

CATEGORY

ARCHIVE