Blog&column
ブログ・コラム

配送と輸送の違いとは?

query_builder 2023/08/01
コラム
55

物流業界で頻繁に使用されている、配送と輸送という言葉。
実は両者には、違いがあることをご存じでしょうか。
もう少し詳しく、見ていきましょう。

▼配送と輸送の違い
一般的に配送とは、お客様に商品を届ける作業を指します。
お客様がネットショッピングなどで購入した商品を、ご自宅まで届ける作業というわけです。
一方、輸送とは、工場から出荷された荷物などを物流センターへ届ける作業のことを指します。

配送との違いは、お客様のもとに届ける作業は行なわず、荷物を中継するという認識で良いかと思います。
一方、配送は、商品をお客様のもとに届ける最終段階ということです。
配送と輸送は、このような違いがあります。

▼主な輸送手段
配送は、基本的にトラックを使用しますが、輸送はどのように行われるのでしょうか。
輸送の場合も、基本的には大型トラックが使用されており、毎日長距離輸送が行われています。
都道府県をまたぐ場合も、トラックであればコストを抑えることができるため、このような輸送手段が選ばれやすいのです。

▼配送と輸送の使い分け
配送と輸送について、物流業界では使い分けが行われています。
例えば、配送は物流センターから比較的近距離の場所に荷物を届ける時によく使われます。
輸送では、長距離荷物を移動させて、お客様と物流センターの仲介役を行う時に使用されます。
イメージすると、最初に荷物が輸送されて、最後にご自宅まで配送されるという認識で良いと思います。

▼まとめ
今回は、配送と輸送の違いについて解説させていただきました。
両者には、消費者のもとに直接配達を行うかどうかの違いがあります。
また、物流業界では配送と輸送について、しっかり区別が行われています。
これらの違いを把握しておくと、ドライバーの仕事に役立つかもしれません。

NEW

  • 2022年☆新年明けましておめでとうございます☆

    query_builder 2022/01/07
  • 残り20日間無事故・無違反でしっかりやり抜く。

    query_builder 2021/12/10
  • S&S全体ミーティング

    query_builder 2021/11/07
  • 東京への出張で市況を確認

    query_builder 2021/10/27

CATEGORY

ARCHIVE